妊活&妊娠奮闘記

【無痛分娩体験レポート】無痛分娩は本当に痛くないのか?

子供は好きだし、産みたいけど痛いのが怖い、2人目が欲しいけど二度と陣痛のあの痛みは経験したくないと考えている人は多いのではないでしょうか。そして調べていくと無痛分娩という分娩方法が存在していることを突き止めている人が多いのではないでしょうか?

 

この記事では無痛分娩を実際に経験した私の体験談をまとめていきたいと思います。

 

この記事ではこんなことが書いています。

この記事のポイント

  • 無痛分娩ってどんなものなのか?
  • 無痛分娩の費用は?
  • 本当に痛くないのか?
  • 無痛分娩では母性は生まれるのか?

【無痛分娩体験レポート】無痛分娩は本当に痛くないのか?

私が無痛分娩を選択するにあたってインターネットでひたすら情報を収集した記憶があります。

そこで今回は無痛分娩を考えている人の参考に少しでもなればと思いながら書いていきます。

 

無痛分娩とは

私が受けたのは硬膜外麻酔による無痛分娩で、背中から脊髄に注射を刺し、そこから麻酔薬を注入して麻酔をする方法でした。

色々と調べると出てくると思うのですが、ベッドに横向きに寝て、背中を丸めて麻酔用の注射針を刺す方法です。

後ほどの体験談にも書きますが、地味に痛かったのは覚えています。

 

どこの産院で無痛分娩を行ったのか

私は国立成育医療研究センターで無痛分娩を選択し出産しました。

こちらも大学病院と同じくらいしっかりとした設備を備えた病院積極的にハイリスク妊婦を受け入れているとか。

私自身は本当だったら違う個人産院で出産を予定していたのですが、その産院の手違いで受け入れができないと言われてしまい、国立成育医療研究センターに転院となりました。

ただ今思うと個人産院は先生一人で業務を来ないしていて少々不安面があったので、結果的に総合病院並みの設備や人がいる国立成育医療研究センターで産めたことは良かったのかなと思いました。

ちなみにこちらの無痛分娩の方式は、初回の麻酔は麻酔専門の執刀医が入れ、それ以降は機械が自動で定期的に入れてくれるのと併せ、自分でボタンを押して麻酔を入れられるタイプでした。

もちろん、過剰に入れることはできないので、自動で入った後に自分でボタンを押しても入らないように制御されています。

 

無痛分娩を選ぶ際の注意点

日本ではまだまだ少ない無痛分娩ですが、無痛分娩にも実は注意しなければいけない点があります。

この注意を怠ると、無痛分娩でお願いしていたにも関わらず、陣痛当日になって無痛分娩ができない、なんてことがあるのです。

その注意点とは無痛分娩が24時間対応可能かどうかです。

実は無痛分娩対応可能な産院には大きく分けて2つのパターンがあります。

それが24時間無痛分娩対応可能な産院と、計画無痛分娩対応の産院の二つです。

この違いが何なのか解説していきます。

24時間無痛分娩対応可能

文字通り24時間いつでも対応可能なので、いつ陣痛が起きても無痛分娩ができます。

計画無痛分娩のみ対応可能

前もって出産日を決めて、その日に陣痛誘発をかけて麻酔→出産という流れです。

計画無痛分娩しか行っていない産院は無痛の麻酔処置をしてくれる人がその時間帯にしかいないことを指します。

それはすなわち計画日よりも前に万が一陣痛が来てしまった場合、麻酔を処置してくれる人がいない可能性があり、無痛ができないリスクを意味します。

 

私は初産でしたが絶対に、絶対に、絶対に無痛が良かったので24時間無痛分娩可能な産院のみで探していました。

そして当初予定していた産院はもちろん24時間対応で、転院先も選べたので、24時間無痛分娩可能な国立成育医療研究センターを選びました。

無痛分娩の費用

さて国立成育医療センターの無痛分娩費用はいくらかというと…無痛分娩の麻酔費用だけで12万円でした。

それ以外に分娩費用57万円、個室代13万、入院料20万、その他食事等…で合計95万円でした。

その内42万円は出産一時金で引かれるので、持ち出しは53万円でした。

仮に無痛をしなかったとしても…やっぱり高い。

産む土地や方式で金額は異なりますが、子供を育てるのはもちろんですが、産むのでさえお金が必要であるということを身に染みて痛感しました。

 

無痛分娩の副作用について

無痛分娩の副作用ですが発熱や痒み、頭痛、排尿障害が一般的とされているそうです。

その内私は発熱と痒みと排尿障害がありましたが、麻酔を入れている間だけの限定となるのでさほど気にするほどでもありませんでした。

 

無痛分娩って本当に痛くないのか?

無痛分娩をするにはある程度子宮口が開いてからとされています。

子宮口が開き始めると産院によっては子宮口が5㎝になったらなど決まりがあるようですが、国立成育医療研究センターは子宮口が2㎝を超えていれば麻酔可能とされています。

実際の痛みですが、子宮口が開いてからとなるので、陣痛の痛みは経験します。

ただし、子宮口全開が痛みレベル10だとすると、レベル3~5くらいから麻酔が入れられるので気がラクなのことは確かです。

またレベル5くらいまでは痛みに対してそこまで体力は使わないので体力面でもラクができます。

麻酔が入ってからはおへそあたりを境に、おへそ~つま先が麻酔が効いた状態でした。

麻酔が効いてからは痛みは殆どなく、張ってるなーというのが分かるくらい。

子宮口が開いてくると次第に陣痛も強まり、その時は少し痛いかなーと感じるくらいでした。

少し痛いと言ってもぜんぜん寝れるし、飲み物は余裕で飲めるし、なんなら旦那と電話もできるくらいです。

 

【実際の体験レポート】陣痛から出産までの流れとその時の痛み

さて、実際に私がどんな時系列で陣痛から出産まで体験したのかその時の痛みと併せてまとめていきたいと思います。

私の場合陣痛当日におしるしが来たので、そこから書いていきます。

 

12/5
9:00 起床 トイレに行ったら生理の始まりのような少量の茶色っぽい出血を確認。おしるしだろうと判断

10:05 子宮の収縮が始まる。お腹がキューっとなる感じで痛みはあるものの全然余裕。

12:44 腰が少し痛くなってくる。もしかしたら今日陣痛に変わるかもしれないと思い、入院準備を見直し、旦那にももう一度レクチャーする。

13:03 便意を感じながら昼食。もしかしてこれは陣痛?と思ってトイレに行ったが普通に下痢だった。

13:35 相変わらず腰が痛い。おしるしはずっと出続けている。

15:35 子宮の収縮は起きているが、まだまだ耐えられる。ただ、どうなるかわからないので早めの夕食を作り始める。

18:47 食事をしながら子宮の痛みが割と一定に来ていることに気づき時間を測ってみると10分前後の間隔であることが判明。産院からは10分になったら電話をするようにと言われたので、電話をしてみると「10分前後というのと耐えられる痛みであるなら前駆陣痛の可能性があるのでもう少し様子を見るように」と言われた。行って追い返されるのも嫌なので素直に従うことに。

19:40 出産すると湯船には1か月浸かれないとのことだったので、今年最後になるかもしれない湯船に浸かることに。ついでに温めると陣痛が進むという記事をどこかで見たのでそれも期待して入ってみることに。

21:29 湯船のおかげかわからないが、眉間にしわが寄るくらいの痛みが襲ってきた。このときの陣痛間隔は6分前後。病院に電話してみるも「5分切ってないし、耐えられる痛みならもう少し様子見で。もし陣痛が強まるようであれば一時間後に連絡ください。」と言われ泣く泣く電話を切る。ついでに麻酔を入れるにあたって食事は控える必要があるとのことをネットで見たので、麻酔を入れる何時間前まで食事可能か聞いたところ食事をしてから3時間は空けないと麻酔が入れられないとのこと。いつ病院に行っても大丈夫なようにここからは食べ物は口に入れないようにする。

23:00 陣痛間隔が5分前後となり、痛みも増してきたのでもう一度電話。この時の痛みも耐えようと思えば耐えられる痛み。電話をすると助産師から「痛みが強くなってきているのと少し陣痛間隔が狭まってきたので病院来てください。ただし、我慢できる痛みのようですので、場合によっては前駆陣痛となりお帰りいただく可能性があります。」とのこと。追い返されたくない気持ちと、もう病院でスタンバイしたい気持ちが半々で、素直にそのことを伝えたところ「もし本陣痛だったら麻酔を入れるタイミングが近づいているので来ていただいた方がいいです。」との回答だったので行く決断をする。

23:59 病院到着、LDRに通されNSTと内心グリグリをやられる。運悪く陣痛と重なり痛さ2倍

12/6
1:19 子宮口2~3㎝で陣痛間隔もいい感じとのことで、入院確定。この時点で結構痛みを感じるが何とか眉間にしわを寄せて耐えられる。ここで旦那は入院手続きをしに行ったり、飲み物を買ってきてもらう。私はその間パンツ一枚になりその上から入院着を着ることに。その後点滴を入れられたが、点滴の針が思ったより太く、刺すときはもちろん刺された後も痛かった。旦那が色々と終わった後、立ち合いは不可なので、これにてさようならをする。痛みとこの先どうなっていくのか不安すぎてまさかの私号泣。今思うと超恥ずかしい…。

2:00 無痛を入れるタイミングはいつがいいのか看護師に聞いたところ、極力子宮口が開いてからの方がお産が進みやすいと言われたので耐えるも、痛みで震えるほどに。陣痛が来ててちょうど看護師がいるときは「痛いって言わないで~深呼吸して~」と言われるので、痛いのを我慢してやる。そして、ふと、どうせいつ入れても金額は変わらないということにいまさらながら気づき、ギブアップすることに。ナースコールで無痛をお願いすると、看護師が来て着々と麻酔の準備が始まる。

2:21 麻酔の執刀医が到着。背中から針を入れる準備をして、さっそく針を注入。これが結構いたい。陣痛とは違う針が刺さる痛みで腕の注射の痛みとは比にならない痛み。入れる体制は足と頭をお腹に近づけて丸まった状態で針を刺すので、陣痛と重なると地獄。そして脊髄に針を刺すので、一瞬神経に触れたせいか足が勝手に動いてびっくり。ただ一回だけだったのでその後は問題なく終了。

2:24 一回目の麻酔が注入される。若干の寒気あり。

3:03寒気が収まらないので、看護師に伝えると体温計を渡され測ることに。すると熱が37℃まで出ていることが発覚。麻酔の副作用とのことで首元にアイシング用の枕を入れられる。子宮口は4~5㎝になっており、順調とのこと。また途中麻酔科の執刀医が来て、麻酔の効き具合をチェックしにくる。

4:19 子宮口を確認したらもう9㎝まで来ているとのこと。思いのほか早くて看護師もびっくり。聞いたところ麻酔の作用で筋肉が和らぎ、子宮口が一気に開いたんだろうとのこと。今日の午前中には生まれるだろうとのこと。ちなみに子宮口確認のための内心グリグリは麻酔のおかげで全く痛みは無し。

4:26 麻酔が入っているので尿意を感じないことから、尿カテーテルを入れてもらい排尿。のちに何度かお世話になった。この時には陣痛の痛みは略ゼロで張りがあるかなーくらいしかわからなかったので、寝ようと思ったが自動で測られる血圧計や点滴の針の痛み、初産ということでこれからどうなるのかわからない不安から寝ることができず…。経産婦だったら間違いなく寝ていたと思う。それくらい痛みはなかった。

4:50 熱が38℃まで上がり、首以外にわきの下もアイシングが施される。

5:00 恐らく次の内診が最後となり出産がスタートするとのこと。そこで看護師にダメ元で旦那に電話してもいいか聞いてみたところ、「全然OKですよ~むしろしちゃってください~」と回答。コロナだからなのか元からOKなのかは不明だが、とりあえずテレビ電話をすることに。電池の減りを気にするものの30分くらいがっつりテレビ電話。かなり心の支えになったのは確か。

5:32 電話は終わるのを待ってくれていたみたいで、終わって少ししたら看護師が到着。「電話終わりましたか~?」なんて言われたので、内容聞かれてたんじゃないかと思いちょっと恥ずかしかった。内診グリグリで確認したところ子宮口全開で羊水もパンパンな状態でいつ破水してもおかしくないとのこと。看護師が赤ちゃんの診察台等をいそいそと準備し始める。看護師から「破水したらナースコールしてね~」と言われる。

5:50 ベビーが何度も膜を破ろうと陣痛(というよりお腹の張り)のタイミングでぐいぐい押してくる。そしてここにきて麻酔の副作用の痒みが出てくる。誰かのブログで麻酔中は掻いても麻酔によりその刺激がシャットアウトされるから意味がないと書いていたのを思い出し、極力痒いと思わないように意識をそらしてた。

5:59 相変わらず膜破りを頑張っている。

6:09 最後の尿カテーテル。処置が終わった後は心なしかお腹がすっきりした気がする。

6:15 まだ膜破りを頑張っている。この時点で既に膜はお股から出ている状態とのこと。

6:22 お産に向けてパンツも脱がされる

6:54 お腹の張りのタイミングでいきむ練習を3~4回ほど行う。その間も膜が破れない。子供の状態的には問題ないので膜が破れるかもう少し待ってみるとのこと。

7:15 子供の状態は悪くないものの、なかなか破水が起きないので人口破水をするかどうかを検討し始めた。麻酔科の執刀医が再度麻酔の効き具合を確認。そしてお産に立ち会う執刀医も登場。それ以外にも助手が数名登場し、執刀医以外にももう一人医師が登場。合計10名弱が私の股に集まっていた。

7:20 このまま待っていてもしょうがなさそうとのことで人口破水が確定。執刀医が登場して私の膜を親指と人差し指でつまんで破る。正直こんなにあっけないものなのかと思った。破水すると一気にお産が進み、痛みが出るだろうと言われたので、すかさず麻酔のボタンをポチる。痛みは全くなく、張るタイミングでひたすらいきむ。

7:30 いきむこと10回弱でやっと出産。股は2~3㎝裂けただけで切るよりも軽傷だとか。麻酔が効いているおかげで縫うときも痛みは無くただただ処置が終わるのを待つだけ。胎盤を見せてもらい終わり次第ベビーをカンガルーケア。麻酔の副作用で私に熱があったのがベビーにも移り38℃ほどの発熱。ただ、時間と共に収まったので特に問題なく終了。これにて病室に移動となった。

 

無痛分娩をやってみた感想

初産なので陣痛Maxとは比較できませんが麻酔を入れてからは痛みはほぼゼロ!

出産後は筋肉痛になることもなく体力はばっちり残っていました。

疲労困憊というより、寝不足で辛かったくらいです。

都内で無痛分娩となると、無痛費用だけで10万前後掛かりますが、正直一番賢いお金の使い方だと思います。

もし高いなと感じるのであれば、妊娠期間中毎月1万前後積み立ててみてください。

妊娠期間は約10か月なので丁度いい塩梅で貯まります。

また、出産は痛い思いをいないと!と考える人もいますが、個人的にはわざわざ自分から痛い思いをしなくてもいいと考えています。

また痛みを感じないと母性は生まれないのでは?という人もいますが、安心してください、そんなことはありません。

無痛分娩を行った私でもちゃんと我が子は可愛いですし、なんなら既に親バカです(笑)

もしまた子供を産む機会があれば間違いなく無痛分娩を選択します。

-妊活&妊娠奮闘記

© 2021 まみろぐ