結婚奮闘記

街コンで婚活したら彼氏ができた*売れない小説家風な顔の人とデート*

街コンで婚活したら彼氏ができた*売れない小説家風な顔の人とデート*

前回街コンで婚活をしたら彼氏ができた、と書きましたが結果としてはお付き合いはしたものの破局になってしまいました。

出会いから破局までをブログにてまとめていきますが、今回はその人との初回デートについて書いていきます。

この記事のポイント

  • 街コンで彼氏となった人はどんな人だったのか
  • 街コンとマッチングアプリでの婚活の違いも紹介

この記事を書いている私は街コン以外にもマッチングアプリでの婚活を掛け持ちしていて、マッチングアプリのペアーズで今の旦那と出会い結婚

彼との出会いは?

彼との出会いは【Rooters】が主催している200人参加・3店舗貸し切りの大規模街コンで知り合いました。街コンの形式は回転寿司方式男女2対2、10分ごとに男性陣が入れ替わる形式でした。

今回の彼とはその形式の中での出会いではなく、街コン終了後解散した時に声をかけられての発展となりました。

ちなみに彼も友人と参加しており、彼自身は普通の見た目だったのですが、一緒に来ていた友人の見た目がヤンキーみたいだったので彼の株が上がったのは言うまでもありません。

彼と出会った街コンの状況についての記事はこちら

街コンで婚活したら彼氏ができた*売れない小説家風な顔の人との出会い*

街コンで婚活していても本当に彼氏ってできるのかと疑問に思うことはありませんか?私は正直疑問に思っていました。 &nbsp ...

続きを見る

彼のスペックは?

某お菓子メーカーの営業職で、年齢は4つ上。

でも年収は分かりませんでした。

もちろん聞けばいいのですが、さすがに初めてのデートで『年収は?』なんて聞くことはできません。

マッチングアプリであれば(本当かどうかは置いておいて)プロフィールに年収のレンジがあるのである程度分かるのですが、街コンでは『とにかく知り合う』ことが優先なので、街コンならではの最大のデメリットだなと感じました。

幸いにも社名を教えてもらえたので、その情報をもとに転職サイトなどで年収を調査すると約400万くらいであろうと予測ができました。

正直自分が思い描いている結婚生活を考えると、(散在するつもりはないものの)低いなと思ってしまいました。

初デートとその内容は?

街コンで会った際にLINEを交換していたので、そこからメッセージのやり取りをし、1対1で会いましょうとの打診がありました。

街コンの時からいい印象を持っていたので断ることもなく即会うことに。

 

指定された場所は新宿の和食屋さんで、何度か仕事でも利用しているお店だと言っていました。

お店のチョイスや彼自身が醸し出す雰囲気が大人な雰囲気だったので想定の年収400万よりももう少しもらっているのかなぁなんて思いました。(今思うとそう感じたのは多分年齢が上だったというのもあったからだと思います。)

 

街コンやLINEで話していたものの、やはり対面となるとお互いの表情を見ながらの会話となるので、改めて話をしました

内容はなぜ街コンに来ていたのか、一緒にいた人はどんな人なのか、そしてお互いの仕事に就いてなど知り合った初日に話したことやLINEで話したことを聞きました。

 

改めて話してみた印象は、すごく真面目でこちらの話も聞いてくれて、無言の瞬間があってもぜんぜん苦ではなかったなという印象でした。

 

ポイント

婚活目的で会う際は、必ず無言の瞬間を作るようにしていました。理由は結婚生活が始まれば24時間一緒に生活をすることになり、無言の瞬間も必ず出てきます。その瞬間が苦痛と感じてしまうと結婚生活自体が難しくなってしまうと考えているためです。

 

ということで、個人的には年収は引っかかるものの、性格の相性はいいのかなという印象でした。

今回は次の日が仕事だったせいもあり、お互い1次会で解散。次も会いたいなぁという思いから、お会計は相手に委ね奢ってもらいました。

 

街コンでの婚活とマッチングアプリでの婚活の違い

さて、今回は街コンで彼氏ができたのですが、基本、私の婚活はマッチングアプリがメインでした。

そこで、今回は実体験から街コンでの婚活とマッチングアプリでの婚活の違いをまとめていきたいと思います。

相手についての情報量の差

上記にも書きましたが街コンはマッチングアプリと違い、『とにかく異性と知り合う』ことを目的としているため、会う相手の細かな情報はわかりません。

対してマッチングアプリはたくさんの人と会うことは難しいものの事前に相手の情報を見ることができます。

譲れないポイントについて条件面が多いのであれば、街コンよりマッチングアプリの方が異性と会える確率は減るものの、マッチングアプリの方が結婚に繋がる確率は高くなります。

逆に、まずは人となりを見てからでないとという人であればマッチングアプリより街コンの方が良いと言えるでしょう。

私の場合は(自分のことはさておき)できることなら「高学歴・高身長・高収入」の3Kを兼ね備えてる人が良いという理想があったので、事前に3Kかどうか分かるマッチングアプリの方が向いていました。

とはいえ、これはあくまでも理想。

理想と現実が違うのは重々承知しているので今回の街コンの人とも最終的にはお付き合いをする判断をしました。

顔や喋り方などの確認ができる

人によっては条件よりも顔や声、匂いが気になるなんて人もいると思います。

そんな人にはマッチングアプリより街コンの方が断トツでおススメです。

初回から相手を見て判断したい!条件よりも外見!という人は街コンにしましょう。

ゆっくりとお互いを知れる

街コンとマッチングアプリの大きな違いの一つとして、街コンの方がお互いをゆっくりと知れることです。

どういうことか、もう少し細かく説明します。

マッチングアプリの場合、事前にプロフィールを開示しているため、初デートでの相手の印象だけで合う・合わないを判断します。

ここで少しでも印象が悪かったり合わないと判断された場合、2回目のデートは不可となり、関係を長くに繋げることが非常に難しいです。

しかし街コンの場合、プロフィールが無いので複数回会って少しずつ条件を確認していく必要があります。

そのため自然と会う回数が増え、人となりもゆっくりと見ることができ友人同士からの恋に近いものが得られます。

マッチングアプリのように一度のデートでバシッと切られることが精神衛生上あまり向いていないのであれば街コンで知り合って関係を持っていく方がいいかもしれません。

 

まとめ

年収は気になるものの、偉そうに言える立場ではないので今回は相性で会ってみました。

また、マッチングアプリとは違い街コンは実際の相手が見えることのメリット、情報の少なさによるメリットデメリットのどちらにも働いていることが見て取れます。

婚活をされている皆さんも、自分自身が街コンとマッチングアプリのどちらが向いているのかよく検討したうえで使い分けていきましょう。

 

-結婚奮闘記
-

© 2021 まみろぐ