結婚奮闘記

マッチングアプリで年収1000万以上の人と出会うには【実体験あり】

マッチングアプリで本当に年収1000万以上の人と出会えるのかと思ったことはありませんか?

この記事では年収1000万以上との出会い方を紹介しています。

 

本記事を書いている私は実際にマッチングアプリで資格を持つような仕事をしている人ではなく、普通のサラリーマンとして年収1000万以上の旦那を見つけ出し結婚しました。

 

マッチングアプリで年収1000万以上の人と出会うには

婚活をしている人の中で、どうせなら年収1000万以上の人と出会っていきたい!と思っている人は一定数いるのではないでしょうか?

そしてマッチングアプリで年収1000万以上の人と出会うことはできるのだろうかとも思っているのではないでしょうか?

 

結論、年収1000万以上の人は、マッチングアプリ内に存在しています。

 

そして私はマッチングアプリで年収1000万以上の今の旦那を見つけ出し、結婚しました。

 

なので、年収1000万以上の人とマッチングアプリで出会い結婚することは可能です。

 

そもそも年収1000万以上って日本にどれくらいいるのか

とはいえ、出会うことは簡単ではありません。

まずは年収1000万以上をもらっている人は日本ではどれくらいいるのかの割合なのかというと、男女及び全年齢合わせて約5%ほど(国税庁「民間給与実態統計調査」(2018年)より)となっています。

年齢の内訳はないですが、若ければ若いほどその割合は少ないだろうと容易に予測ができます。

 

ただ、旦那は20代後半からは既に年収1000万は超えていたとのことで、業界や職種がうまくマッチすればその年代からも年収1000万を超えることは可能なんだということが分かります。

この辺りの詳細は後ほど説明します。

 

年収1000万の手取りはいくらぐらいなのか

さて、気になる年収1000万円の手取りはいくらぐらいなのかというと、だいたい手取りで年間750万ほど。

月60万ちょっとくらいです。

平均年収450万ほど=手取り350万で月30万から比べると倍になります。

月60万をどう見るかはその人のライフスタイルによりますが、税金ががっつり引かれることがわかりますね。

 

年収1000万での家計はどんな感じなのか

さて実際に月60万で夫と妻の二人暮らしだとどうなるでしょうか。

1か月の支出

家賃15万(都内1LDK)

光熱費3万

食費・日用品8万

スマホ・インターネット料金2万

固定費だけで25万ほどになります。

残り35万は交際費、服飾費、美容費の変動費と貯金になります。

 

貯金をどの程度するかによりますが、仮に毎月20万に設定した場合、残金は15万となり多くはありません。

これを見ると年収1000万とはいえ、超贅沢な暮らしができるわけではありません。

ただ、これで共働きを選択すればゆとりが出ることは間違いないです。

 

実際にマッチングアプリで年収1000万以上の人と出会う方法

ある程度、年収1000万の割合や、そこからもたらされる家計も想像できたかと思います。

正直言って日本で年収1000万を探すのは難しく、出会えたとしても競争率が激しく狭き門です。

 

でも、ちゃんと出会って私のように結婚することも可能です。

 

では、どうやって年収1000万以上の人を見つけたのか。

 

マッチングアプリでは残念ながら年収を偽る人が多いので、騙されないためにもこちら側も知識を付けて見極める必要があります。

今回はその方法を紹介したいと思います。

 

年収が高い業界を把握しておく

まずは年収が高い業界・職種を把握しておくことです。

医者や弁護士など資格を有する職種は年収が高いのは殆どの人が知っていることだと思います。

それはすなわち競争率が激しいことを意味します。そうではなくて、サラリーマンでも年収1000万以上もらえる業界・職種を把握しておきます。

そうすることで、出会える枠が広がります。

その業界・職種がこちら↓↓

・広告代理店

・大手総合商社

・大手メーカー(海外営業部)

・外資系

・金融関係(営業)

・保険関係(営業)

・コンサルティング

 

みなさんの周りにはこのような人たちはいますか?

いれば紹介してもらうなりしてもらえばいいのですが…私の場合は理系だったこともあり、このような業界はほとんどいませんでした。

なので、マッチングアプリではこの辺りを狙って婚活をしていました。

 

相手の最終学歴とスキルをチェックする

残念ながら、日本はまだまだ学歴社会の概念が根強く残っています

そして上記で挙げた企業は外資系以外は採用条件としてほぼ学歴を見られます。

それを考えるとやはり上位の大学を出ている人の方が年収1000万である確率はぐっと上がります。

 

また日本の社会において語学ができる人はまだまだ重宝されています。

ゆえに、語学ができてそれを活かして仕事をしている人は年収が1000万以上である確率が高いです。

私ですら、転職時に語学ができればタイトルなしでも700-800万くらいまではいけると言われるくらいです。

逆に上位大学を出ていなかったとしても、語学ができれば年収1000万という人がいてもおかしくないくらいです。

それくらい日本で語学ができることは年収の部分においても大きく繋がってきます。

 

そして上記業界で紹介した、大手メーカーの海外事業部と外資系というのはまさにこの語学スキルと関連しています。

大手メーカーの海外事業部であれば英語でのやり取りは発生するでしょうし、場合によっては出張や駐在なんてこともあります。

外資系はその名の通り本社が海外になるので必然的に英語を使っているので平均して年収が高い傾向にあります。(外資系については語学ができる以外の理由でそもそも年収が高い傾向にありますが、今回は割愛しておきます。)

 

なので、年収1000万以上や高収入が良いという人は、このような高学歴・語学スキルを持った人を探すことをおススメします。

 

 

相手の業界と職種を聞いて年収を算出する

高収入の業界や職種、スキルが分かったところで、今度はマッチしたお相手のプロフィールを確認していきます。

大学や語学スキルはある程度載せている人が多いので、(信じるかどうかは別として)情報は手に入りやすいですが、業界や職種は結構ぼかしている人が多いです。

この部分についてはマッチング後に聞くしかありません。

聞く方法としては、マッチング後に必ずと言っていいほどお互いに仕事のことを聞きあうのでその時に、どんな業界でどんな仕事をしているのか?残業はたくさんあるのか?と聞いてみると大体、ざっくりですが『こんな業界でこんな仕事をしているよ』と教えてくれます。

そこから教えてもらった業界をもとに年収についてネットで検索すると、年齢と年収の大まかな内訳が載っているので、それを見て、プロフィールに書かれている年収と齟齬が無いかを見てみると大体わかります。

もちろん、仕事を偽っている可能性もあるのでその点を払拭するためにも、仕事内容について細かく聞いてみるというのも一つの手段です。

そうしていくと、たまに自分の仕事内容をかたくなに説明しない人が出てくるので、そういう人は(仮に嘘はついてないけど秘密主義であったとしても)信用できないという判断を下し、フェードアウトをしていました。

 

年収1000万以上ない場合、今後のポテンシャルがあるかどうかを見極める

上記で挙げた内容をチェックしたりしても、やっぱり自分に合いそうな人がいない…でも年収1000万以上を求めてしまう…。

そんな人は年収1000万でなくても、そのポテンシャルを持ってる人を探す手も方法の一つです。

感覚としては学生時代に弁護士や医者を目指している人と付き合う、という感じですかね。

とはいえ社会人の場合、年収1000万は届かないにしても、ある程度ベースの給与が高い人を探す必要があります

正直これも大変と言えば大変ですが…その会社で働き続けるにしても転職をするにしてもベースの給与をもとに昇給していきます。

結局職務責任やその人の仕事のスキル=年収がほとんどとなり、転職なり昇給ではそういう見方をされるので、ベースの給与は外せないのです。

また、合わせて語学のスキルと業界や職種のチェックは同様に行う必要があります。もちろん学歴も忘れずに。

 

あとはその人の人柄です。

仕事に対して昇給意欲があるのかどうか。

人によっては「これで十分でしょ~」という考えを持っている人もいるので…仕事に対する熱意というか、考え方を聞くのも重要なポイントです。

 

まとめ

年収1000万は家計を見る限り、超贅沢ができるような金額ではないですが、2人であれば生活をかつかつに切り詰めなければならないというほどでもありません。

お金基準で婚活をするのはどうなのか…?と思う人も多いかもしれませんが、結婚は2人の生活を意味し、当然お金も絡んできます。

愛だけではなく、2人で生活をする上で必要な現実的な項目も見ていくことをおススメします。

 

-結婚奮闘記
-

© 2021 まみろぐ