結婚奮闘記

家事が苦手な女性におすすめの男性【婚活女子必見】

婚活を始めると、未来の旦那様との生活を妄想することがあるかと思います。

そんな中、想像をしていると、ふと、“家事は今でも女性が担当なのか?料理なんてほとんどしたことない…”そんな心配事が出てくることもちらほら…。

女性だからといって女性全員が家事が得意なわけではない!ということで、それならば家事が得意な男性をGetすれば…。どんな男性がおススメなのか、そんな男性の特徴や職業を紹介したいと思います。

家事が苦手な女性におすすめの男性

女性でも家事が苦手な人は多いと思います。そんな人におすすめなのは、家事が得意な男性をGetすること。

これに尽きると思います。

家事が得意な男性の特徴

結論:一人暮らし歴が長い人。

特に学生時代から一人暮らしをしている男性がおススメであると思います。

学生時代からの一人暮らしがいい理由は?

学生時代は基本お金がありません。

生活をする上での最低限の洗濯や掃除は勿論、食費を減らすため自炊をしている人がほとんどのはずです。

中には親がお金持ちであったり、子供に苦労を掛けたくないと結構な額をもらっていた人もいるかもしれませんが、そんな人は一握り。

ほとんどの人が無駄な費用を抑えつつ家事をしていた人のはずです。

社会人から始めた一人暮らしの人ではダメなの?

一人暮らしをしていない人よりはいいと思います。

でも社会人になってからだと学生ほどお金に苦労することが少なく、お掃除ロボットを買ったり、朝昼晩とコンビニで買ったり外食したり、人によっては家事代行サービスなんかを利用して、負担をお金で解決している人の割合が多くなってきます。

とはいえ、ずーっと実家で親に甘えていた人よりも、どのタイミングであっても一人暮らしをしていた男性の方が、家事の大変さを理解しているので女性に対しても寛大であることが多いと思います。

家事が得意な職業ってあるの?

たくさんあるとは思いますが、今回紹介するのは消防士さん。

私の友人で旦那様が消防士さんという方がいて、実は旦那様は料理を含め家事が得意とのこと。

それって旦那さんの性格では?と思う方もいるかと思いますが、違いました。

消防士が働く消防署はいつでも出動できるようになっています。つまり24時間営業。

日勤もいれば夜勤もいます。職業柄、要請が来ればいつでも出動しなければならないため、夜勤で夜ご飯を食べるにしても朝ご飯を食べるにしても、消防署内で完結させる必要があります。

消防署では食堂はあるものの、食事担当で人を雇っているわけではないとのことで、若手の署員がすべて作るそうです。

なので(男飯が多いですが)料理を作ることに抵抗がなく、且つ、手際がいいのです。

消防士と結婚した友人は家事が得意ではなかったので、正直色々と助かっていると言っていました。

まとめ

そんな手段もありだと思いますので、家事が苦手な女性は是非一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

-結婚奮闘記
-,

© 2021 まみろぐ