結婚奮闘記

アプリ/インターネットでの婚活*結婚前に同棲はするべきか

結婚前に同棲はするべきなのかどうか。これは永遠の課題であり正解はないと思います。

私の場合、結果的に同棲をしたのですが、この時のメリットデメリットをまとめてみます。

同棲するべきか悩んでいる人の参考になればと思います。

同棲のメリット・デメリット

一番のメリット、それはやはり常に一緒に居れることです。

朝はおはようから始まり、夜は一緒にご飯を食べ、一緒に寝る。日常生活に彼という存在が入ってきます。

そして相手が何が好きで、何が嫌いなのか、朝起きるのは強いのか、家事はどうなのか、生活面での価値観が見えてくると思います。

デートだけとなると、どうしてもお互いよく見せようとすることが多くなります。しかし、生活の一部となると気が緩む瞬間も出てきます。この点がお互いに大丈夫なのかどうか、共同生活ができるのかどうかが確認できます。

また、お互い一人暮らしの場合、家賃や光熱費が1つで済むので経済的にもプラスの面があります。

デメリットは同棲で満足してしまう可能性があるということです。特に男性がその状況に陥りやすいかと思います。

男性にしてみれば、結婚という責任を果たさなくても“安定”が手に入り、おまけにある程度自分のために使える時間やお金も確保できる、多くの男性が最高と思える状況になります。

同棲の危険性

同棲にはデメリットとは違う、危険性もはらんでいます。

“この人と結婚する!”と強く意気込んでいたとしても、同棲をすることで価値観が違い、お互いにすり合わせができず、同棲解消とともにお別れという可能性もあります。

同棲は結婚とは違い、法律的に何かあるわけではないので、嫌と思えば簡単に別れることができてしまうのです。

一方結婚の場合、法律で縛られている点やお互いの家族も関係しているため簡単に別れることができません。なので嫌であっても、お互い改善しようと努力するようになります。

それでも私は同棲をしました

上記を踏まえたうえで、私は同棲を選択しました。

私たちの場合は2日に1回のペースで超高頻度で会っているにも関わらず、お互い一人暮らしという点で、会いたいという欲と金銭的な部分から同棲という話が自然と出てきました。

ただ、同棲の危険な面も考えていたため、“私も同棲はしたいけど、婚約をしないと同棲はちょっと無理”と伝えました。その時には理由を尋ねられたので、上記に記載した結婚が延びてしまうリスクや、もし彼と結婚が決まれば両親にも報告→婚約もせずに同棲していたのか?ということも言われかねないということを正直に話しました。

要するに、“同棲したいけど婚約してくれないと無理”と言うことをはっきりと伝えたのです。

もちろん、婚約をしたからといって婚約破棄される可能性もあるし、逆に私自身も婚約破棄をする可能性もあります。

ただ、仮に別れるとしても、婚約をすれば両家挨拶など家族が絡んでくるので、嫌だから別れるという簡単な理由ではなく、しっかりと悩んだうえで決断を出す形になるので、むやみなお別れはぐっと減るはずです。

同棲することが正解かどうかはわかりませんが、少なくとも私は同棲から結婚することができました。

同棲をする場合はよく考えて実行してください。

-結婚奮闘記
-,

© 2021 まみろぐ