結婚奮闘記

アプリ/インターネットでの婚活*実際に会ってみました10人目*

このころの私は給与が低いのもあり、婚活マッチングアプリの登録費用はすべてゼロ円で活動をモットーにしていましたが、あまりにもいいなと思える人に出会えず、そろそろ結婚相談所も考えるべきなのかなぁと思っているところでした。

とはいえ、この時すでに25歳になって半年が過ぎたころ。

結婚相談所の場合、20代のうち入ると選択肢が広がるとかネットに書いてあったので、、26歳を過ぎての婚活は手法を切り替える必要があると考えていました。

なのでこの時期のマッチングアプリでの婚活もラストスパートかななんて思っていました。

いや、ラストスパートどころか焦ってましたね(笑)

収入不明の高身長イケメン男性

写真爽やかイケメン、高身長。いいねの数も200くらいありました。

そんな人から”いいね”が来たので、まさかと思い返信したらマッチング。

ただ、職業が自営業。うーん、年収が見えない。

スペックは身長185㎝くらい、年収1000万(怪しい)、年齢は2個上、職業は自営業

食事の場所と時間は?

千葉在住の方で、都内には仕事があるときに出ていきているとか。

私は都内に住んでいたので、都内に来るタイミングで食事に行くことに。

丁度都内に出る予定があるとのことで、休日の14時頃から、新宿で待ち合わせることに。

休日は避けたかったのですが、平日は千葉にいることが多いとかで、休日になってしまいました。

実際の印象は?

背が高い!超イケメン!普通にこの人なんでアプリやってんの?って思う感じでした。

来ている服も非常に素敵で、ちらほらブランド物が。

どちらかというと千葉に住んでてその服装で自営業???と色々とミスマッチな印象を受けました。

お店

顔にうっとりしていると、“まみちゃん、お昼ご飯食べた?俺食べてないから、軽く食べてもいい?”というので、“食べちゃっているので、横でお茶でも飲める場所である助かります”と答えました。

彼が良くいくお店があるとのことで、ついていくことに。

明らかに”安くて早い!”というコンセプトのお店で、ここでゆっくりするのかしら…と目を疑うようなお店でした。

とりあえず、彼の腹を満たすべく彼はがっつり食べつつ、私はお茶を注文。

自己紹介をし、恒例の仕事についての話をしたのですが仕事についてはインターネットを使った自営業だとかで、あまり詳しくは教えてもらえませんでした。謎が深まるばかり。。

お会計は

どんな人なのかイマイチわからず、次は会わないだろうなぁと思い、半分というより自分が飲んだ分を払おうと準備をしていると、彼は自分が食べた分のお金を私に渡し、トイレへ行くので私がお会計へ。

支払いをしていると、トイレから戻ってきたのでお釣りを渡そうとすると、

“すみません、領収書ください”と店員さんへ。

???

私がびっくりしていると

“これ、経費で処理しちゃうから”

え、ちょっと、飲み物代私が払ったのに、それも経費で計上するの?おかしくない???

自営業なので、税金等のことを考え経費として計上するのでしょうが…

そもそも初めてのデートだし、私一部負担しているし…自営業の人ってみんなこうなの?なんて思ってしまいました。

夜ご飯

とはいえ、会って2時間も経っておらず、これから夜ご飯だよなぁ、それくらいまでは一緒にいるべきだよなぁなんて考えていると、

“ちょっと行きたいところがあって、今日友達が近くでパーティーしてるんだけど行ってみてもいい?”

は????

初対面で大して喋ってもいないのに、今度は友人のパーティー???

もう、この時点で意味不明。

初対面なので、えーなんで?と言う勇気もなく、ついていくことに。

案内されたところは新宿の地下の貸し切りダーツバーに。友人のお店だとか。

そこには男女10人弱の友人と思しき人が既にいて、全員に簡単に自己紹介。

彼はその中の何人かとビジネスの話をするようで、私のことは完全に放置プレイ。

ぼーっとしていると、メンバーの女子力高めキャピキャピ女子が、“ダーツ一緒にしよー!”と声をかけてくれました。

私は女子力高めキャピキャピ女子が苦手で、正直、放っておいてくれと思いました。

とはいえ、初対面で空気を壊すわけにもいかず、それに乗るように適当にダーツをしていました。

それも終わり、さらにぼーっとしていると彼が話しかけてきて、少し会話をしました。

私との会話が落ち着くと、また違う人とも話をしたりで、“私は一体何をしに来たんだろうか…”と思い何とかやり過ごしました。

二度目のお会計

ある程度交流が終わり、明らかにぼーっとしていると彼が見かねたのか満足したのか、帰ろうかと提案されました。

一応?ビジネスの話もしていたようなので、もう大丈夫なのかと尋ねると、もう終わったということで他のメンバーよりも一足先に帰ることに。

お会計に関しては、ここは俺が半ば無理やり連れてきたみたいだから、払うよと言われましたが、二度と会わないだろうと思い自分の分はしっかり払いました

その後

お会計も終わり、二次会への提案もなかったのでそのまま帰った私は、さっさとお礼をして2-3往復やり取りをして、違和感なく自然と会話が終了となりました。

しかし、1か月後くらいに彼から、”元気ー?仕事が忙しくてさー、また会いたいね!”なんて連絡が来ましたが、何しているのか不明だし、初対面でよくわからないパーティに連れていかれたりで、今度会った時には壺でも売りつけられるんじゃないかと思ったので、適当に流してさようならとしました。

ヤリ目でもなければ、婚活しているわけでもなさそうで、いくら顔が良くても目的が不明瞭な人もお断りだなと感じました。

-結婚奮闘記
-,

© 2021 まみろぐ