結婚奮闘記

【マッチングアプリ婚活】実際に会ってみた*生理的に無理だった男性*

【マッチングアプリ婚活】実際に会ってみた*生理的に無理だった男性*

マッチングアプリ婚活で実際に会った人を紹介していきます。

今回紹介する男性は生理的に無理だった男性。

生理的に無理かどうかなんて、会ってみないと分からないことだと痛感した初デートでした。

 

マッチングアプリ内での印象

LINEを交換して、会話をするととても優しそうな男性。

なんというか雰囲気としては『いいお父さんになりそう』な感じでした。

初めて会う予定の人の割には『結構当たり物件では?!もしかして一人目で婚活終了しちゃうパターンじゃない??』と脳内お花畑状態でした。

写真も可もなく不可もなくといった感じで、会ってみることに。

スペックは年齢20代後半、身長170㎝くらい、年収700万くらい、肝心の職業は忘れました…。

 

実際に会うための食事の場所と時間

平日の夜が合わず、休日の夕方にしました。

お店を決める際に、最寄りの駅を聞かれたので教え、何が食べたいかも聞かれたので、『和食派でどちらかというと肉より魚派』と伝えました。

個人的には考えるのが面倒なので『なんでもいいよ~』と言いたいところですが、それでは決める側も大変だよなと思い、今回に限らず毎回『洋食よりは和食派で、肉より魚派です♪』と言った感じである程度絞りやすいように伝えていました。これも相手への配慮の一つですね。

 

そして、決めてくれたお店はお魚が美味しいという和食居酒屋。

場所は有楽町でした。有楽町と聞いてお洒落な居酒屋なのかなーとワクワクしたのは言うまでもありません。

 

実際に会うための待ち合わせ場所

待ち合わせ場所はお店の前にしました。

最寄りの駅でもよかったのですが、そこから一緒に歩いて話しながらお店に行く勇気はなかったので、お店の前でとお願いしました。

 

実際に会ってみた印象

マッチングアプリ婚活で初めて会う男性。

LINEでのやり取りは好印象で、写真も普通ということで期待値はぐんぐん上がっていました。

お店の前に到着してまずは店内へ。そこでまず『おや???』と思ったことが。

それはお店のチョイス。

確かに魚を推しているお店ではあるものの、雰囲気は『雑多な居酒屋』でどちらかというと仕事帰りに仲間内と飲むような場所

ワンフロアに席が沢山あるような感じでした。

お店の前ということでお店のURLを送ってもらい、食べログ等で店内をチェック済みではあったのですが、所詮は宣伝用の写真。

正直お店に入った時点でテンションはちょっと下がり気味でした。

とはいえ、本人と会ってからが本番!ドキドキしながら本人を見ると…写真よりもちょっと髪の毛が薄く、写真よりも老けて見える!身長は、、記載されているより低いような…。

服装は英語のTシャツにパーカー…ここ、有楽町だったよね…?と疑いたくなってしまう装いでした。

※写真よりももっとダサかったです。なんというかもっと中高生感満載な感じ。

マッチングアプリではスーツを着ていた写真を載せていたのもあり、だいぶギャップがありました。

そして案内された席がワンフロアにドーンとあるカウンター席

休日ということもありお客さんもまばらで、店はパッとしない、相手も想像と違うしで私のテンションは急降下。

乾杯をして仕事や趣味などの話をしつつ、初デートでチェックすべきポイントを見ていくことに。

初デートでチェックすべきポイントについてまとめた記事はこちら


【マッチングアプリ婚活者必見】初デートで相手を見極めるポイント

マッチングアプリで婚活を始めてついに初デート。その時にどのように相手を見極めればよいのか? この記事ではマッチングアプリ ...

続きを見る

 

そして決定的合わない点を見つけてしましました。

それはお相手の『体臭』

会ってすぐは気づかなかったものの、カウンター席で横並びに座った瞬間『もわっ』と体臭が漂ってきて、それがまた完全に私には合わない匂いでした。

もちろん食事をしていても漂ってくるので、魚はそこそこ美味しかったはずなのに匂いがきつすぎて、食べ物を楽しむ余裕はありませんでした。

せめて食べ物くらい楽しみたかった…。

 

お会計方法

男性側が全額払おうとしていたのですが、個人的には次会うことはないだろうという人に対しては、借りを作らないという意味で自分も半額出すというルールを定めていたのでここは清く半分払うことに。

 

1次会解散後

解散後は2次会に誘われましたが、どうにも体臭が合わないのでこれ以上いても苦痛と判断し、やんわりとお断りして解散。

金輪際合わないとはいえ、相手の時間をいただいたので『ありがとうございましたLINE』を送りそのままフェードアウトしました。

相手からもそれ以上追撃連絡が来なかったので、もしかしたら相手も会わない部分があったのかもしれません。

良くも悪くもさくっとフェードアウトができてよかったと思いました。

 

まとめ

写真と本物は違い、さらには身長も盛られているということを身をもって経験。

会う前に様々なサイトからマッチングアプリで書いてあることや載っている写真は『ある程度盛られている』という情報は掴んでいたものの、本当にそうなんだということを学びましたね

そして同時に、いくらメッセージで雰囲気が良くても会ってみて、生理的に合わないとどうしようもないんだなということも経験しました。

正直生理的に合わないなんてことを想定してなかったので、上記には書いていませんが初めて会うというものもあり結構メッセージ交換に時間をかけていました。

しかし、結果的にメッセージのやり取りに使っていた時間も無駄になってしまいました。

時間は有限で効率よく婚活をするためにマッチングアプリを使用していたにもかかわらず…。

会う前のメッセージのやり取りは必要ではあるものの、マッチング後早々に会わないと、『そもそも生理的に合うかどうか』の判断ができないことから、極力早めに会うようにした方が良いということをこのデートを通して学びました。

皆さんも、メッセージ交換は必要ではあるものの会ってみないと分からないことの方が多いのが事実です。メッセージ交換は簡単に済ませ、極力早く会うようにしていくことをおススメします。

-結婚奮闘記
-

© 2021 まみろぐ