結婚奮闘記

アプリ/インターネットでの婚活*実際に会ってみました12人目*やっと出会えた今の旦那|告白編

北海道の人と無事?フェードアウトした私。

心置きなく4回目のデートへと向かうこととなりました。

実は告白されていた

実は旦那からは2回目のデートでは遠回しに“俺のことどうかな?”と聞いてきたり、3回目のデートでは“付き合いませんか?”と言われていました。

しかし、前回記事に記載した通り、これから会う人がいたため返事を引き延ばしていました。

引き延ばしていた理由は他の男性を比較するだけではありませんでした。

引き延ばした理由

告白されてもてすぐに付き合わないため

いつもは告白されるとその人とすぐに付き合うことがほとんどだったのですが、長続きしないことがほとんどでした。そこでググってみると、『すぐに手に入る女性は大切にされない傾向がある』という記事をちらほら見かけました。私はそれが原因かも?!と思い、次に告白をされた相手には、どんな相手であっても“告白→即決”せずに少し寝かせてから返事をしようと決めていました。

他の人と比較する

相手を比較するなんて最低!なんて思うかもしれませんが、婚活市場では男性も女性を比較します。なので付き合っていなければ同時進行をしている人はいます。それがいいのか悪いのかはその人の価値観によるので何とも言えませんが、現状はそうなってしまっています。
私の価値観は婚活は付き合うだけではなく、結婚したい人=より幸せな家庭を築ける人を探すための活動のため、比較をさせてもらいました。

先にマッチングした人に申し訳ない

婚活はタイミング!とはいいますが、せっかく旦那より先にマッチングをした人に申し訳ないと思ったのも事実としてありました。これはただそれだけで、深い意味はありません(笑)

4回目のデート

4回目のデートは旦那から“初詣に行かない?”と誘ってもらいました。

デート当日はあいにくの雨。初詣の場所は明治神宮となったため、午後に原宿で待ち合わせ。

雨ということもあり、思ったより空いていて傘を差しながら順番を待ち。年明けの仕事はどうだった?などとたわいのない話をしていました。

そして自分たちの順番が来たので、お参りとお賽銭をしました。

お参り後もまだ雨が降っており、いつも以上に冷えたので、喫茶店を探すべく原宿から表参道へ歩き、何とか入れそうなお店を発見。

店内に入り少し待った後に席へと案内され、暖かい飲み物を飲み、落ち着いたタイミングで丁度夜ご飯の時間に。

夜ご飯のお店はすでに予約を取ってくれているとのことで恵比寿の焼肉屋さんに移動しました。

私はこの日に告白の返事をしよう!と思っていたので、本気であるというアピールをするため名刺を渡しました

旦那は当時びっくりしたとのことでしたが、同時に本気なんだというのが伝わったと言っていました。

ここでのお店は楽しく食事をして、お会計は私がトイレをしているときに済まされていました。

焼肉店で告白の返事をするちょっと違うかな?と思い、もう少し一緒にいたいと伝え、2次会へ行くことになりました。

 

-結婚奮闘記
-,

© 2021 まみろぐ